前の記事 » 
次の記事 » 

求人のお手伝いをしたいのですが担当者の方はおられますか?という営業電話

  公開日:2014/07/21
最終更新日:2016/07/28

※この記事は約 2 分で読めます。

call-center採用活動を始めると、場合によっては一番最初に問い合わせてくるのがこういう内容の電話営業です

求人のお手伝いをしたいのですが担当者の方はおられますか?


顧問先の会社は「ほんとハイエナみたいですね」とまで酷評しています。


基本的に営業に関して内容は2パターンです

1.人材紹介をしたい(紹介した人が入社したら、年収の30%ほどをくれるなら紹介するよ?)

2.求人広告を出しませんか?(広告出してやるから金払え)


です。




顧問先は、うまく採用ページを使って告知していますので「うちは求人をしている」と地域で目立ちます。だから、応募者の目にもとまり、自分に会社が合うか判断してもらえるのです。


しかしそれは、こういう採用支援の営業担当の目にもとまりやすいということ。


向こうは仕事で金を稼ぐビジネスとしてやっているので、仕方ないと思いますが、電話営業をされる方はもううんざりなんですよね。


皆さんもお分かりの通り、採用に限らず向こうから電話営業があって、最終的にメリットがあったことは殆ど無いと思います。
※私も採用以外で過去、何度か痛い思いをしました


ちゃんとした会社なら他の経営者から口コミとかでも広がりますし、紹介があります。営業電話を必死にかけてくるという時点でもう分かりますよね。


どちらにしても、採用ページやお問い合わせページのよくある質問の箇所に

「Q:求人のお手伝いをしたいのですが担当の方にお電話してもよいですか?

 A:担当企業が決まっておりますので、求人媒体や人材紹介のセールス電話はおやめください」


と一言書いてくとよいでしょう。


まあ、そこを見ても(というか見ずに)、自分の売上やノルマのために電話をしてくる人はいますが、少なくともあなたの会社の事を考えているか、自分のノルマを考えているか見抜く力を持ちましょう。


とりあえず、営業電話を減らす事ができます。
※某大手採用支援会社の営業部署の朝礼とかヒドイですよ。「売るぞ~!!」とかそういうかけ声でテンション上げて、皆さんの会社に電話してきます。売ることが目的なのかあなたの会社の採用を成功させることが目的なのか、ほんと、、もっと意識の高い採用支援会社が増えて欲しいものです
(ほっといても売れるサービスに改善しろよって思います)

同じカテゴリの記事を読む  採用のお悩み相談  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ