前の記事 » 
次の記事 » 

教え方ではなく「教えられ方」を学ぼう

  公開日:2009/07/23
最終更新日:2017/04/17

※この記事は約 2 分で読めます。

教え方に関する本は多々あります。


アマゾンで「教え方」や「コーチング」などと検索するだけで大量に書籍が出てきますからね。


要はいくらでも勉強することができる


でも、

教えられ方(教わり方)を書いた本などは少ないですし、こういったものが大事と思う人も少ないでしょう。

人は教えていることより教えられることの方が多い


一生のうち人に教えることより教えられていることの方が多いはず。


でも「教えられ方が大事」と考えている人って少ないと思いませんか?


「聞き上手」とはまた違って「教えられ上手(教わり上手)」という感じですかね。


実は、その教えられ上手のことを書いている記事がありました。


ぜひこの記事をご覧ください。

もっと教えてほしい。そんなときに教えてもらえるコツ

なるほど!!という感じです。


言われてみると確かにそうですが、こういうのはコロンブスの卵。


つまりハッキリ言われないと分からないんですよね。


「聴く」だけなら「傾聴」の考えを学べばいいですが、「教えてもらえる」というのとはだいぶ違います。


さすが「見て学べ」という職人の世界。


教えられ上手じゃなければ伸びないところもあるわけです。

教える側

私は仕事がら「教えること」が多いです。


社長や役員、管理職、人事担当者にチャットワークや定例MTGなどでノウハウや考え方を教えています。


でも私も人間ですから感情があるわけで、教えていて
「もっと色々と教えたくなる人」

「もうこの人には教えたくないな」
という二つの感想に分かれます。


先ほどの記事は、「その差をうむのは何なのか?」を分かりやすく書いています。


そして、コンサル業をしている私から見ても、まさにその通りと思います。


人生においても重要なスキルですね。


人にうまく教えてもらうコツをぜひ、ご覧ください。


追伸:
クライアント以外(メルマガ読者など)で私に質問をされる時は上記をうまく活用されてくださいね。


思わぬノウハウが聞き出せるかもしれませんよ。

同じカテゴリの記事を読む  会社経営  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

2 Responses to “教え方ではなく「教えられ方」を学ぼう”

  1. こんにちは。
    錦部@歯科器具職人と申します。

    この度は私どもの記事を取り上げていただきまして
    ありがとうございます。

    私は稲田さんのブログからたくさんのことを
    学んでおります。
    稲田さんのように多くの方の役に立つような情報を
    発信できればと思っております。

    今後ともよろしくお願いします。
    • 錦部製作所@歯科器具職人さん

      「教わり方」って実はものすごく大事なスキルかもしれませんよね。
      これが出来れば結果として自分が成長するわけですからね。

      いい気づきをありがとうございました。

      錦部さんのブログも歯科医の先生のみならず他の職業の人にとっても
      本当に役立つブログですから人気があるのも分かります!!

      こちらこそ
      今後とも末永くよろしくお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ