業種別の売上高人件費比率

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。



売上高人件費比率とは?


計算式上は簡単です。


人件費÷売上高=売上高人件費比率

です。略して人件費率とも言われています。


要は、売上高に対する人件費の割合を示すものであり、この数値によって企業の経営状況すらある程度分かります。


売上高人件費比率が高いということは、売上に対する人件費の負担が大きいというわけです


一般的に、私のようにコンサル業のような労働集約型の業種の方が設備集約型の企業よりも売上高人件費比率は高くなる傾向にあります。


業種別の人件費率と労働分配率をまとめてみました。

ただ、こういった数値は参考程度です。
大事なことは他社ではなく自社の状態を知ることが大事です。

税理士や公認会計士に依頼して、データを出してもらいましょう。





«  ← 次の記事

前の記事 →  »

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ