前の記事 » 
次の記事 » 

中小企業が大手企業に採用活動で勝つ方法2(新卒採用)

  公開日:2008/04/29
最終更新日:2017/02/28

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

これは前回の記事の続きです。前回、簡単なクイズを出しました。読んでないならこの記事の意味がなくなるので先にご覧ください。



ちゃんと読んできましたか??


では、答えを言います。

1.学生にあなたの会社が安定していて、
  将来的にも成長を続けると証明すること(説明ではない)

2.上記が無理なら、安定志向の学生をターゲットから外す。


の両方です

ふざけるな!!って感じでしょうが、まあ落ち着いて少し話を聞いてください。


正確に言うと、

2 → 1 の順番です。

2のターゲットの明確化に関して、まず話しましょう


ランチェスター経営の本でも読んだことがあるのであれば理解しやすいと思いますが、ターゲット(集めるべき学生)を絞ることが重要なんです。

「誰でもいいから学生に来てもらいたい」

たまに聞く悲痛な叫びですが、


集めるのが目的なのか?採用した後、活躍してもらうのが目的なのか?を考えれば、究極の理想は採用基準を達成している1人の応募があってその1人採用すること


その考えでいけば、スベリ止めと思っている応募者や安定した大手狙いの応募者と会う時間は勿体無いのです。


営業経験があればお分かりかもしれませんが、脈の無い見込み客とやりとりする時間は無駄。


だから、まず

「誰でもいいから学生に来てもらいたい」

この考えを捨てます。


これが中小企業の採用活動の第二ステップです。


新卒採用で欲しい人材を決めている中小企業はありますが、集めるべきターゲットを明確にして、その人たちが集まる施策をうっている中小企業は少ない。


しかし、この二つはセットで考える必要があります。安定志向の学生を100人集めても意味がないんです。


だからターゲットを明確にして、そのターゲットに届くメッセージを発信する事。

そんなターゲットにだけ届くメッセージを発信することなんて出来るのか??

と思うかもしれませんが、答えはこうです




できますよ


そもそもたった今あなたが体験していませんか?


さてさて次に2 → 1 の「1」に関してですが、長くなったので続きは次回。

同じカテゴリの記事を読む  新卒採用  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ