前の記事 » 
次の記事 » 

鳥取大学での面接官トレーニング

  公開日:2010/08/23
最終更新日:2017/02/26

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

鳥取大学農学部さんより、今年もリピート依頼で学生の面接員の先生方に面接官トレーニングを9月7日に実施します。




鳥取大学の農学部は入試での選考に力を入れているので、どんどんと卒業生の質が上がっていくかと思います。結果、就職率も上がり、就職先からも評価が上がるので、さらに就職率が良くなるという良いスパイラルに入っていきます。


入り口を見直すと、在学中も卒業時も学生の質が大きく変わってくる。これが大学の特徴です。


これは企業の採用活動も同じですよね。

採用という入り口を見直さずに、人事評価制度で何とかしようとしたり、社員の意識改革をおこなおうとしても本当に苦労をします。


入り口を見直せば、はるかに楽に内部が変わってくるのに、まだここに気づいていない企業も多いです。


大学の場合は、ペーパーテストだけではなく、優秀な学生に入学してもらうことは就職率にダイレクトに跳ね返ってきます。
「入り口の見直し」
そこに気づいた大学がどんどん他大学と差をつけていきます。


これって本当、企業も同じですね。


大学の面接員

大学入試で面接を導入する場合、気をつけなければいけないのが、相手は高校生だということです。
そして、面接員の教育を受けていない先生が面接をしてしまうと、やってはいけない事をしたり聞いてはいけない事を聞いてしまうこともあるのです。


気をつけましょう!!


「採用や面接に関しての知識」
これは今後の大学教授にとって絶対必要な知識です


追伸

前日の夜は、お世話になっている教授とカニ料理のおいしい
すず満」に行く予定です。


お店で見かけたら、声でもかけてください(笑)


前回は、鳥取砂丘にスーツでのぼりましたが、今年はやめておきます。

同じカテゴリの記事を読む  面接官トレーニング  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ