前の記事 » 
次の記事 » 

迷惑メールを自動仕分け(自動仕訳)

  公開日:2008/04/03
最終更新日:2017/02/27

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

先日、自動仕分けのやり方を間違えるとビジネスでは返って効率が悪くなるというお話をしました。


ビジネスにおけるメールの自動仕訳の注意


しかし、メールの自動仕訳を必ずしておいた方が良いものもあります。


それは、迷惑メールです。


使った事がない人でも迷惑メール対策のために、自動仕訳を覚えた方が良いくらい


しかし、送信者も必死。


送信元のアドレスを複数使ったり、件名に工夫したりと中々自動仕訳しづらい。


で、実はですね。


迷惑メールの仕訳の仕方で最も効果がある方法があるんです。


それは迷惑メール送信者の感情を予想すると分かります。


迷惑メールって必ず、どこかのホームページ(大体は出会い系)に飛ばすために文章を書いてます。


そして、アフィリエイト目的で飛ばしています。


ということはですね。。。。


必ずあるんですよ。


アレが・・・・


そう。


メール本文内にホームページのアドレスが。


そして、ホームページはドメインという考え方がある。


で、迷惑メールに記載されているURLを見ると、、、、


http://sns24.com/個人ID



等となっています。
※上のURLは、本当に送られてきた迷惑メールです。
 放置している以上、http://sns24.com/ にも責任があります。
 Who isからドメイン消されるかも。
 以前迷惑メールを送りすぎて逮捕された人もいましたし・・・


http://sns24.com/個人ID

個人IDをもとに、誰がそのサイトに誘導したかが分かり、そこから登録などされたら、個人IDの持ち主に報酬が入る仕組み
(詳しすぎます?私はしてませんよ(笑))


であれば、、、、こう自動仕訳すればいいんです。


メール本文内にhttp://sns24.com/という文字があれば迷惑メールフォルダに移動させる


この設定をすると、ここのホームページを紹介するアホな迷惑メール送信者からのメールを撲滅できます。


迷惑メールで困ってる場合の自動仕分けは上記を参考にしてください。


メールの自動仕分けの設定方法は、ツールの中に「メールの仕分け」というものがあります。


メール本文内の文字で仕訳する時は、自分で仕分けルールを作成する必要がありますが、簡単です。

平成29年2月追記
時代は変わりました。

現在では、こちらの対策をお勧めいたします。

迷惑メール対策の完全版

同じカテゴリの記事を読む  パソコン講座, 業務効率改善  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

3 Responses to “迷惑メールを自動仕分け(自動仕訳)”

  1. 下逸 より:
    次々に送られてくるのをいちいち登録すると、すぐにフィルタの制限数を超えてしまいますが、どうしたらいいですか
  2. 下逸さま

    コメントありがとうございます。
    私はOUTLOOKを使っていますが、まだ上限に達していませんので同じ症状を再現できないのです。
    よって、具体的な解決策を提示することができず申し訳ありません。

    ただ、1つのルールの中に、複数の条件を設定することはできると思いますのでそちらを試されて見てはいかがでしょうか?

    他にご回答出来る方がいらっしゃいましたら
    是非、よろしくお願いいたします
  3. [...] ☞迷惑メール対策(ドメイン指定) ☞自動仕分けで迷惑メールを攻略せよ ☞ホームページにMailアドレスを記載する際に注意すべき3つのこと [...]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ