前の記事 » 
次の記事 » 

厚生年金保険料率が変わりますから給与計算は気をつけてください

  公開日:2008/09/03
最終更新日:2017/04/10

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

今日は、社会保険労務士らしく社会保険関係のネタでも・・・


平成20年9月から厚生年金保険料率が変わります(アップします)のでお気をつけて


全社員に通知 + 通常なら社会保険料は前月分を控除しますので、10月支給分から変更が必要です。


あと、これは今後9年間上がり続けますし、私の予想ではその後も上がると思います。


国民年金も上がり続けていますので、サラリーマンだけでは無いのですが、会社としては、今後どんどん経営が圧迫されると思ってください。


スキルのある社会保険労務士にコンサル依頼をして、ある程度の社会保険に関する対策はしておいた方がいいでしょう(当然、合法的に)


外部からのコンサルを嫌う会社もありますが、コンサル費用より、売上アップやコスト削減をしてくれるなら導入した方がいいと思います。※冷静に算数ができるなら(笑)


厚生年金保険料の料率に関して、社会保険労務士の安藤先生が一覧表にしてくださっています。


なんと、ご丁寧に将来の分まで(笑)
(凹みますって・・・)


保険料率の変更が関係する方はご覧ください


>>厚生年金保険料率の改定(表あり)

同じカテゴリの記事を読む  社会保険、人事労務  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ