戦力外通告のその後として仕事をしませんか?野球人生はただの第一幕

  公開日:2014/12/30

 

※この記事は約 2 分で読めます。

野球の大変さもつらさも分かっている社長が福岡にいます。

野球に打ち込んだ人生。しかし、野球というのは決して何年間も微笑んでくれないのです。

そのようなことを理解している体育会系の社長がいます。

その社長も野球に人生を捧げ、最終的には不本意ながら諦めることを決めて第二の人生を歩むことを決めた人です。

今は、子供達が一生懸命に少年野球をしています

野球業界に関わっていたい。一生野球だけを夢見ていたいというのであれば止めません。

本当に狭き門であるコーチなどの道を探してください。

でも、既にいる家族のため。そして再度人生をイチから本気でやり直す気があるのであれば、一度ご覧ください。この求人情報を。

ただし、イチから人生をリセットすることが重要です。

もし、もう一度自分がやり直したいとか思っているのであれば、やめた方がいいでしょう。

実は私もその会社の役員をしています。だから、このような文章を書いています。

そう。あなたのような人が検索した際に目に付くようにです。

実は自分はマーケティング担当をしているのですが、このように、野球などで戦力外通告を受けた人に、メッセージを届けることが出来ます。

その手法でリフォームや内装工事をしたい人を呼んでいるのです。

・・・・・・そうです。あなたにお勧めしたい仕事は、「職人」です。

営業とかしか発想が無かったかもしれませんが、営業は本当に過酷です。

そこで頑張るのであれば、技術を学んだり一流の職人になるように努力をした方がよっぽどましです。

もう後は詳しくは求人情報をご覧ください

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ