大分キヤノン 請負会社の採用希望者を書類選考で落とす

※この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

前回記載した、大分キヤノンの派遣切りに関する2つの考えの続きです。

私が続きを書きたかったわけではなく、
ちょっとエグイ内容を見つけてしまったので紹介しておきます。


また保坂氏のブログでの記事です。


引用:大分キヤノン「 解雇対象の経験者」は書類選考ではねられた

[メール紹介]
保坂先生

私は、大分県在住のAと申します。
先生の、大分キヤノンの派遣切りのブログを拝見させて頂きました。

私は、株式会社●●という請負会社の社員として、
大分キヤノンの迫事業所で働いておりました。

私は、9月中旬頃、●●から解雇通告を受け、10月末で退職しました。

●●側から、「正社員試験を受けろ」と言われ、
11月に正社員試験を受けましたが、面接までたどり着くどころか、
初めの書類選考の段階で落とされました。

そしてすぐに、期間社員の試験を受けましたが、これもダメでした。

●●側が、なぜ正社員試験の書類選考で落としたのか聞いてくれましたが、
キヤノン側は厳正な審査の結果という返事だったそうです。

先日の全国のニュースで、景気が悪いので請負契約解除というニュースを
見たとき、怒りを通り越して、呆れてしまいました。

これは、●●から聞いた話ですが、請負だけでなく、
直接雇用の期間社員の首切りも少しずつ行われているそうです。

大分空港のすぐ近くに、大分キヤノンの安岐事業所がありますが、
迫事業所で働いている期間社員で、明らかに安岐事業所に転勤できそうにない
人物に対して、安岐に転勤できないなら、契約更新しないと言っているそうです。

しかし、そのような直接雇用の期間社員を少しずつ切りながら、
一方で毎日期間社員の募集をかけている。全く、矛盾しています。

11月に期間社員の面接を受けましたが、
「今人は足りているので、採用されても入社は1月」
と言われました。

正社員試験に関しても、SPIや面接を受ける以前に、
なぜ経験者が書類選考で落とされるのか、全く理解できません。
面接が駄目だったとかなら、話は分かります。


今いる請負社員を、優先的に期間社員にするということは、
今現在においては無理だろうと思います。

内定が決まっている、期間社員がもう何百人といるからです。




記事の全文はぜひ、保坂氏のブログをご覧ください。



採用コンサルティングをしている立場から言わせてもらうと
「やってしまいましたね」
という感じです。


前回、私なら希望者全員にSPI試験を受けてもらうと書きましたが、
トキすでに遅しでしたね。さすがに書類選考で落とすのは得策とは思えません。
(たとえ、社内の選考基準に達していないとしても)


ただ、このかたのメールで気になる箇所があります。

内定が決まっている期間社員がもう何百人といるからです。

なぜ、この情報を知っているのでしょうか?

このかたは書類選考で落ちたかもしれませんが、
他の知り合いが受かっているのかもしれませんね。
(先日の記事では採用活動をしていることを請負社員や派遣社員に
 言っていなかったと書いていましたが、なぜ合格者を知っている??
 よほど社内人事情報に詳しい人か・・・はたまた・・・)


この保坂氏にあてたメールを書いた人物の境遇は本当だと私は思いました。


しかし、この一人の境遇がはたして請負社員全員の境遇なのかは
今回の内容からだけでは分かりませんね。


また直接雇用の期間社員を契約解除していることは初耳でした。
安岐に転勤できないなら、契約更新しないと言っているそうです。
とのことですが、これも仕方がないかと思います。


就業規則を見ていないのでわかりませんが、
「転勤を命ずることがある」+「解雇事由に明記」されているのであれば
たとえ正社員でも解雇されますからね。(転勤の事由にもよります)

転勤は嫌だ、仕事は事業所にはないが、ここで働きたい。

というのを聞き入れる会社は残念ながら少ないですからね。
※育児・介護休業法の第26条にかかったりするときは微妙ですが・・・



構内請負社員、派遣社員のみなさま



私は人材紹介会社にいる
キャリアアドバイザー(人材コンサルタント)ではありませんが
一言、正社員採用の現場にいて日ごろ感じていることを・・・


ずっと業務請負社員や派遣社員で働いていて将来は大丈夫ですか?



20代はまだいいと思います。

しかし、35才を過ぎると転職はとたんに厳しくなります。


「就職活動をしてもダメだったから、派遣社員しかなかった・・・」

というかたもいらっしゃると思います。

でも、派遣のメリットとも言えるのですが、
誰もが知っている有名な企業で働いた経験
他の会社にとっては貴重な人材です。


つまり、今の派遣先企業に入った時よりも、
その有名企業で働いたためにスキルは上がっているわけです。


少し厳しいかもしれませんが、

・転職活動のやり方を勉強をされたことはありますか?

・どうすれば面接で合格しやすいか知っていますか?


大事なことは将来もずっと働いていたいと思える会社に
出会うことだと思います。

そのためには、行動しなければはじまりません


人材紹介会社にある求人情報の何百倍もの数が
世の中には求人として存在します。


「職種+求人+地域」


で検索してみてください。
一週間も調べていれば必ずいい会社が見つかります。

・ハローワーク
・人材紹介会社
・求人ナビ
・インターネット検索

転職活動は一つではなくこのように多くの手を打つことが大事です。


たとえば、このようなサイトもあります。


>>リク●ビより企業数の多い求人情報


求職者は無料で使えるのは当然ですが、
企業側も無料で求人情報が出せる(詳しくは右上の白いボタン)ので
日本中の企業が登録しているわけです。


企業としては有料で掲載するより無料で掲載した方が
求人コストがかからないために多くの企業が利用します。


つまり、求職者にとってもそれだけ就職先候補の件数があるというもの

現在、1万5千社が登録していますのでご覧になってみてください


追伸:

 求職者が面接まで進んだ場合はこちらがお勧めです。
著者の渡辺さんともやりとりをしていますが、
彼は応募者の採用成功をちゃんと考えています。
(自己PR,志望動機などの事例まで手に入ります)
※ページ自体は怪しい感じはしますが大丈夫です

>>知らないから落ちる面接の4点減点法



追伸2:
 
別に転職を勧めたいために
この記事を書いたのではありませんよ。


ただ人生は短い。


大事なことは将来のために「今」、何をするかではないでしょうか?

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:大分キヤノン 請負会社の採用希望者を書類選考で落とす

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ