前の記事 » 
次の記事 » 

人材紹介会社の活用の仕方

  公開日:2008/04/28
最終更新日:2011/02/03

※この記事は約 3 分で読めます。

今日は某企業の企画部署の人と話をしました。

いや~おもしろいものですね。本当、色々な仕事があるなと思います。


その人が話していたんですが、


「ウチは●●●●●(某大手採用支援会社)に

 もの凄い金額を払っている。

 中途採用に力を入れたいから人材紹介会社も

 活用し始めたけど、一人採用が決まれば

 100万~180万くらいかかる。

 で、採用したけど、いい人材とは言い難い。」


結構、同じような話を聞きます。ボッタクリだとかね。


一応、情報共有というか私の考えを書いておきます。


結論から言いますと、人材紹介会社が悪いわけではないのです。


人材紹介会社のメリットは成功報酬型。つまり、採用者が出たら初めて費用が発生する。


だから、採用が決まらなければ1円も払う必要がない。


何人面接をしてもです。


それに比べて求人媒体は紙でもWEBでも掲載した時点でお金が発生する。


つまり、採用者がでなくても費用が発生するのです。


お金をドブに捨てるリスクがあるから、求人媒体に掲載するより、成功報酬型の方がいい。


しかも、キャリアコンサルタント(コーディネーター)が一度、フルイにかけて紹介してくれる。だから人材紹介会社はいい。


大体、売上が急激に伸びている会社でプロセスではなく成果にうるさい評価システムを使って人事考課をしている場合、人事が上記の考えに飛びつきます。
※ドブに捨てるかもしれないリスクを冒せないのです


いいのです。


それでも。


そもそも求人媒体も人材紹介会社もうまく活用すれば金はかかりますが良い人材が採れます。


でも根本的なことに気付く必要があるんです。


それを見直さずに、人材紹介会社に頼るから失敗するんです。


結局150万円をドブに捨ててるんです。


要は、「集めた人材を見抜く方法」を持っているかどうか


ちゃんとしたフルイを持たずに応募者を集めても失敗します。


選考眼を鍛えて、フルイの性能を上げること。その後に、フルイに応募者を流しこめばいい人材が採用できます


「私は人を見る目がある」


もしあなたがそう思うなら今すぐ私と勝負しませんか?


ルールは簡単です


私の知識とノウハウを見て、あなたが何も感じなければあなたの勝ち


私の選考に関する知識とノウハウを無料で差し上げます。


そのノウハウがあれば、今後、人材紹介会社や求人媒体を有効に活用できます。


採用に失敗しない会社の出来上がりです。


逆に、私が勝った場合は、人材紹介会社に支払う金額の1%分を私にください。
※1回だけです。


ちなみに、私が勝った場合でもノウハウと知識を差し上げます。


同じくそのノウハウがあれば、今後、人材紹介会社や求人媒体を有効に活用できます。


採用に失敗しない会社の出来上がりです。


勝負のやり方は簡単です。


今すぐこちらのサイトにアクセスしてください。あなたが勝ったら、お金を返金します。


詳しくは以下をご覧あれ

同じカテゴリの記事を読む  中途採用  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

2 Responses to “人材紹介会社の活用の仕方”

  1. 経営者 より:
    人材紹介会社には同じ感想を持っていました。
    確かに、自社に問題があるのかも。

    おもしろい企画ですね。早速挑戦します。
  2. 経営者さま

    コメントありがとうございます。
    お待ちしています!!
    「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」
    格闘家みたいな一言でシメさせていただきます

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ