前の記事 » 
次の記事 » 

採用基準(合格基準)の構築と求める人材像の明確化

  公開日:2011/12/10
最終更新日:2017/02/27

※この記事は約 1 分で読めます。

「求める人材像を明確にしましょう」この重要性はメルマガ「採用通信:本質」で何度も言っています。


求める人材像を明確にする方法は、私の本「1週間で会社が変わる!採用の教科書」などでも書いていますし、採用セミナーの中でも話して、実際に参加者一人一人に質問をしていますね。


私の本を読まれたり、セミナーに参加した方は分かりますね。そう、あの方法です。

採用基準(選考合格基準)の構築

求める人材像の意識を採用担当者や面接官全員が持つことで、採用の精度は大きく向上します。


ところが、この求める人材像を明確にせず、人が欲しいと思うとすぐに求人募集をするから採用で失敗をしてしまうのです。


逆に、ここに時間をかけて、求める人材像、採用基準、各選考ごとの合格基準を決めてから、その内容を全面接官と採用担当者に共有・教育し、それから求人募集を開始すると採用で失敗する確率は激減します。


もう一度、自社の中でしっかりと「人」に関して考えてみましょう。そこに使った時間は必ず返ってきますから。

同じカテゴリの記事を読む  採用コンサルティング  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ