前の記事 » 
次の記事 » 

画面のキャプチャー方法(スクリーンショット)

  公開日:2008/10/15
最終更新日:2017/02/27

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今写っているパソコンの画面って画像ファイルにして保存することができます


画面のキャプチャーと呼ばれています。


ブログをされている人はパソコン画面をキャプチャーする方法を知っている人が多いのですが、ブログをしていなくても結構使える方法です。


会社で業務マニュアルなどを作る時、言葉で説明するより、操作している画面を貼り付けた方が早い時があります。


プレゼン資料を作る時も、エクセルのグラフなどをそのまま貼りつけるのではなく、キャプチャーしたものを貼り付けた方がキレイにできたりします。



私の場合は、検索結果1位の証拠画像や、売上ランキング1位の証拠画像などに活用させてもらっています


マーケティングでも必要な考えなのですが、文章でいくら説明するよりも画像を見せた方が早いのです。


とにかく、使える画面のキャプチャー方法


やり方は簡単です。無料でできます


Rapture(ラプチャー)


という無料ソフトを使うだけです。


「おにぎり」のようなアイコンですが、ソフトを立ち上げて切りとりたい範囲をマウスで指定して保存するだけ


キーボード右上の「Printscreenボタン」を押して画面を保存する方法もありますが「ペイント」に貼り付けるのも、そこから必要な箇所を切りとるのも面倒


しかもラプチャーはJPEGで保存してくれるので、ファイルの容量も軽くなります。


ブロガーやマニュアル作成や、メルマガ発行者や人に何かを教えることがある人は必須のツールです。


>>デスクトップの画面キャプチャーソフトRapture

同じカテゴリの記事を読む  パソコン講座  

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ