「初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル(冊子版)」が92%引きの1,800円で購入可能

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

これはメルマガ読者からのある一通のメールから始りました。

いただいたメールはこちら

いなだ社会保険労務士事務所
 人材採用コンサルタント  稲田行徳 様


お世話になっております。いつも貴重な情報ありがとうございます。

私自身採用担当に携わっており、日々長期継続的に勤務できる社員を探しております。もちろん事前に準備して基準を設けて行っています。

弊社では求人は、職安一本の方針で行っています。それでも昨今の不況の影響で適正な人材が集まりやすくなっておりこちらも力が入っています。

書籍の購入に関してですが、会社での購入は考えておらず、個人的に購入したいと考えております。可能か否かわかりませんが、書籍代の分割などは可能でしょうか。

毎月の小遣いの中で数回に渡りお支払できるのであればと思います。個人的に購入する際の手続きなどもあわせてお教え願えないでしょうか。


今後長きにわたり採用に携わる予定です。よろしくお願いします。

大阪府 Iさん(男性)


それは、初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアルの購入を考えられている読者からのメールでした。


私はこのようにご自分の自己啓発のために投資をされるかたが大好きです。



ちょっと昔話を・・・


私もサラリーマン時代を含め、もっとも確実な設備投資となる「自分の頭」に稼いだお金の多くをつぎ込んできました。


理由は、少しでも早く投資しておくことで回収できる期間が長くなるからです。


例えば私は今31歳です。


今、自分の頭に10万円ほどの教材を投資するとします。その教材が本物であるなら、その後30年間で10万円を回収できるわけです。


実際は1年くらいで回収してその後29年間は利益となるでしょう。これが50歳で投資すると、回収期間が短くなる。だから、少しでも早く投資をした方がいい。


つまり、早めに学び実行期間を長くすることで費用対効果が高くなるわけです。


だから失敗も極力早くするようにしています。そうするとその失敗で学んだ事が向こう30年間で回収できるから。


とにかく、私は自己啓発にお金を投資する人が好きです。


無料で学ぼうとする人の何倍も成長するので、その後、お付き合いをしていくと月日がたつごとに変わっていかれて私にも刺激になります。


逆に「無料で自己啓発はできる」と思っている人は嫌いではないですが、機会費用という言葉をご存じないなら勉強されることをお勧めします。


もともと自己啓発が好きなのですから、機会費用の概念を学ばれることで一気に成長が加速すると思います。


・・・・・なぜなら、昔の私がそうだったから


ちょっと話がそれすぎましたね。


メールの内容に戻します


採用面接マニュアルが1800円で購入可能



「月々のお小遣いから」という言葉に私は感動しました。


そして、なんとかその要望にこたえようと考えて、結果、決済代行会社と契約をしました。


これにより、


採用面接マニュアルが


・2回~12回の分割払い


・リボ払い


・ボーナス一括払い


で購入することができるようになりました



12回払いで購入した場合は、月々たったの1800円で

電子書籍最大手インフォトップの「自己啓発部門」売上ランキング1位を獲得した、私のマニュアルが手に入るのです


売上ランキング1位

これで一層お求めやすくなりました。


※インフォトップ

追記
現在は、PDF版、冊子版ともにインフォトップで分割払いは可能です(ただし、最大6回分割まで)。購入時はインフォトップをご活用下さい

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

One Response to “「初めての面接でも欲しい人材を見抜くことができる採用面接マニュアル(冊子版)」が92%引きの1,800円で購入可能”

  1. 長谷川 和江 より:
    今後の面接に役立たせたいと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ