グローバル人材の採用方法

  公開日:2011/06/11

 

※この記事は約 2 分で読めます。

弊社では、日本国内だけではなく海外で活躍できる人材の採用の依頼も多い。


海外営業の採用や、海外で工場の管理者になる人の採用をしたいからとの要望で、依頼がある。


外国人採用は文化の違いを埋めるためにかなりの教育をする必要もありハードルが高い。さらには日本人のように会社のためという奉公的な意識を持っている人材に出会える可能性が低く、技術を覚えると祖国に帰り起業することも多い。


外国人採用に関しては、賛否両論あるが、中小企業での導入は弊社として積極的にお勧めしていないのが現状だ。(外国人差別をしているわけではなく、受け入れ側の意識の問題)


外国人を採用したい場合は、弊社ではなく他社にあたった方がよいだろう。


しかし、海外で活躍できるグローバル人材を国内で捜すことはできる。
「いなだ式採用術(感情採用)」は日本人の感情に響くような採用手法だからだ。


つまり、海外勤務に興味がある人材を国内から呼び込むのである。人材紹介会社のように1人あたりいくらかかるというものではなく、仕組みを作るため、費用は最初の1回で終わる。


あとは、何人でも仕組みで採用ができる。


海外営業や海外の現場監督者などの採用を考えているのであれば、一度、このページから資料請求をしてみると良いだろう


サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ