福岡で弟子や職人見習いの求人情報(新卒採用・中途採用)

  公開日:2014/12/12

 

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

手に職を持てる仕事に興味がある人は一度、ご覧になると良いと思います。


職人の見習いからスタートして、技術を学び、現場監督や会社の幹部へとなれる求人情報があります。

新卒の方はあまりイメージがわかないかもしれませんが、そこそこの規模の会社に入社すると、歯車の一つとして代えがきくスタッフの一人として育ち、上司に気に入られれば出世コースとなり40歳を過ぎた頃に部長への道が見えてきます。

しかし、取締役や役員、副社長になることはほぼ一生ありませんし、サラリーマンとして処世術を駆使し生きていくということになります。

職種によっては技術職としての課長などもあり、他社への転職の道も開けるでしょうが、文系の方であれば殆どそうはならず、転職を繰り返すたびに収入は下がっていきます。

また、おべっかが使えなければ、何歳になっても最高で係長止まり。そしていつかリストラ対象になります。

残念ながらこれが社会の現実です。外資系だと、上司が人事権を持っているのでさらに上司へのごますりが重要になります。
※当然、全社がそうではないですが。

私が独立していなければ職人の道を選びました


自分は独立起業して本当に良かったと思います。

ある程度名前のある会社に入っていましたが、もし、あのままサラリーマンを続けていれば、いつか会社が倒産していたかリストラ対象になったかもしれません。

しかし、会社勤めをするのであれば、職人としての道をお勧めいたします。技術を学び、手に職を持つことができる仕事です。

ただし、ちゃんとした会社というのがポイントです。

しかし、そういう技術系の職人の多くの会社では「理系の求人」しかしていません。文系の方は、手に職を持つためには料理人のように、殆どの人が脱落する理不尽なほど厳しい世界にいくか、伝統工芸などで、求人をしていないけど「弟子にしてください」と頼みにいくかです。

うちは採用支援をしていますので、色々な企業と会います。

その中でも、文系であっても「手に職を持てる職人」として「ちゃんとした会社」でお勧めする2社があります。

社長ともよく話しますが、スタッフ想いの良い経営者です。

当然ながら、職人の世界なので、ゆるいとか甘いというわけではないですが、真剣にやれば、それをちゃんと見てくれます。

特に以下の会社は、初めての社員採用であり、将来、社長の右腕(一番弟子)として活躍できる若い人材を採用しようとしています。

一度、求人情報をご覧になり、興味があったら応募してみると良いでしょう


※新卒採用と中途採用を募集していますが、「どちらか1名のみ」の採用で、一人が決まれば終了します。未経験者でも良い(というか業界経験があると良くない)ので、新卒と中途を募集しています


テレビなどマスコミなどにも出演しているキャラの濃い社長です。

やる気がある人が欲しいとかそういう当たり前の事ではなく、将来を見据えて職人になることが間違いの無い選択だと思える人に応募してほしいと思います。


サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ