中小企業への就職活動|就職先の探し方や就職サイト(新卒採用向け)

  公開日:2011/08/10
最終更新日:2014/02/21

 

※この記事は約 3 分で読めます。

中小企業への就職方法


中小企業への就職を考えている学生の不安を会社側は知る必要があります。

大体このような悩みや不安を抱えています。
・大企業のような福利厚生や待遇は無いかもしれない
・残業代も出ないかもしれない
・そもそも労働基準法などを守ってないかもしれない
・ワンマン経営者なのかもしれない
・一緒に働く社員に優秀な人がいないかもしれない
・自分が成長できないかもしれない
・倒産するかもしれない

etc

いかがでしょうか?

あなたがもし、中小企業への就職先を考えているのであれば、上記のような悩みはないですか?

中小企業もピンキリです

私はこれまで、人材採用コンサルタントとして、1000人以上の経営者と会ってきました。その中でも、この会社の社長は人間的に魅力があるという会社とだけお付き合いをしています。(今は問い合わせが多く、選べる立場なので)


ですから、言えるのですが、先ほどのような不安や悩みを感じさせない中小企業を知っています。


私が自信を持って、お勧めする会社はこちら(厳選してます)


大企業もピンキリです

また、大企業でも正直言って、ピンキリです。弊社は有名な大企業からも問い合わせなどが多く、相談やアドバイスをしますが、大企業の一番の問題は組織が大きすぎて、改革できない、改善できないということ。担当者はいつも不満を口にします。


大企業で働くことはいい面もあれば、悪い面もある。私はその悪い面が問題だと思います。あなたは歯車になりたいですか?


組織が大きくなればなるほど、全体像が見えません。やる仕事が細分化されてしまい、その仕事ばかりをすることになる。そして、権限もバラバラ。経営者も近くにいないので、与えられた仕事だけをする。そして、何より「あなたの換えはいくらでもいる」ということ。


国内シェアNo1など隠れた優良企業は中小企業に多い


いい中小企業の就職先を探そうとしても、なかなか出てきません。というより探し方を知らない人の方が多いでしょう。


就職サイトなども色々ありますが、リクナビなどは掲載料金が高いので、中小企業では出してないことも多いのです。(事実、弊社のクライアントは出していません)


それでも、しっかりとした安定経営をしている会社は新卒採用活動で困らないんですね。


中小企業の就職先を探す際に気をつけること

中小企業の就職先を探すのであれば、気をつけてほしいのが、経営者の人間性です。


ピンキリですほんと。これは大企業でも同じです。規模が大きくても毎年大量採用して大量離職している会社も無数にあります。


いい会社は社員が定着しますので、あまり大量採用などしません。


とにかく就職先を探す場合、経営者をよ~く見てくださいね。


以下にリンクを貼っておきます。あまり大量に採用をしませんが、就職先として検討してみると良いでしょう。採用ページは会社説明会のように、しっかりと会社の事と社長の人格を伝えています。


きっと参考になるかと


私が自信を持って、お勧めする会社はこちら(厳選してます)



サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ