中小企業が大手企業に採用活動で勝つ方法3(新卒採用)

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

この記事は前々回からの続きです。以前の記事をお読みでない場合、まずは、こちらをお読みください


では、続きに入りましょう。


中小企業の採用のやり方として

1.学生にあなたの会社が安定していて、将来的にも成長を続けると証明すること(説明ではない)

2.上記が無理なら、安定志向の学生をターゲットから外す。

の両方が必要で2→1の順番で実施すると言いましたが、今回は 2 → 1 の「1」に関する内容です。


安定志向の学生をターゲットからはずした後に、なぜ、安定している事を説明する必要があるのか?


答えは学生(求職者)の気持ちを読めば分かります。

将来性がある会社に「魅力」を感じない応募者はいません。


そもそも新卒採用を考えている企業は成長しています。
※自転車操業な会社は別として・・・
 人材の自転車操業の計算方法


それなのに会社説明会でよくある風景が「会社概要など現在の業務」ばかり説明すること。


これは大企業を含めてそうです。

「ウチはこんなことしてますよ~」

「ウチはこんな人を募集してますよ~」

「応募方法はこうですよ~」


まあ、それを言うなとはいいません。


でも、会社説明会で話すべきものは、そういう内容ではないんです。


そもそも上記内容はホームページで伝えるべきであり、集めた人に対して2度も伝えなくてもいい。

では、何を話せばいいのか??


答えは簡単。

「学生(応募者)が気にしている内容」です


それなのに企業側が勘違いしやすいのが、会社説明会で話すのは
「会社が伝えたい内容」
だと思っていることです。


「1」の安定性に話を戻しましょう


「ウチの会社は将来性もあり安定している」


この内容を学生が聞いたらどう思いますか?
「そんな会社なら入らない」
そう思う学生・応募者は皆無です。


「2」で安定志向を外したターゲット層でも聞いて嫌になることはありません。


むしろプラスにしかならない。


ノウハウを言います。会社説明会で伝えるべき内容は、今の事では無いんです。

その学生が体験する入社した後や将来の事です。

そして、不安や疑問に思っている事を解決する場が会社説明会


不安というのは将来の事を考えたときに起こります。特に今まで働いたことがない学生にとっての仕事に対する不安は非常に大きい。


でも、説明会という場では周囲を気にして聞けません。「御社は将来性があるのですか?」などと。だから、こっちから先に伝えるんですよ。


・・・・・・・・


あんまり、一気に書くと、コンサルしているお客様に申し訳ないですし、詰め込み過ぎになるかもしれませんからこの辺で止めますが、上記を読んで自社の会社説明会を見直してください。

学生の不安や疑問を解決する場になっていますか??

キレイな資料を使って、ただ一方的に説明していませんか?


これに気付くことが、中小企業が新卒採用に成功するための第三ステップ


では、実際にどうやって変更すればいいのか??


これはさすがに誰でも読めるこのブログでは書きません。別にボランティアじゃないので(笑)


中小企業が採用で伊勢移行するためには、こういったステップを10、20と踏んでいきます。採用に失敗する会社はこういったステップを何も考えないのです。


そして、大企業ばかりを相手にしている採用コンサル会社や採用支援会社では、こういう事が分かりません。中小企業の悩みを分からずに、コンサルなんてできないのです。だから、彼らに依頼をして採用活動で失敗をする中小企業が後を絶ちません。


「もう人材採用に悩みたくない」という企業は中小企業は弊社までご連絡ください。
「任せるから何とかして」というメッセージをお待ちしています。



«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:中小企業が大手企業に採用活動で勝つ方法3(新卒採用)

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ