採用コンサルタントと採用で勝負をして勝つ自信はありますか?

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

昨日、新規で2件の採用コンサルを受けることにしたのですが
うち1社がおもしろい理由を言われていました。


「同業者に私を取られる前に先に契約をしておいた方が良いと思ったから」

ストレートに言っていただいて嬉しいですが
そんな考え方もあるんだなと新たな発見ができました。


既存のお客さんは私を他社にあまり紹介しません


「稲田さんを他社には絶対に紹介したくない。」
私はお客さんから面と向かってよく言われます(苦笑)


コンサルタントとしては
ほんと最高の褒め言葉です。


おかげでお客さん同士の繋がりは無く、
自力で集客をするしかない環境に置かれました。


そうなると知恵を絞る必要があります。
私は自分で営業は一切しませんので

「どうすればできるかぎり意識が高いお客さんから
 私に依頼したいと手を挙げてもらえるか?」


こんな事をよく考えていると新しいことを次々に
試さなければいけません。失敗と成功の連続です。


そして気づけばスキルが上がっています


さらに
集客スキルが上がればそのまま採用スキルも上がる。


なぜなら
お客様 ⇔ 応募者 に変わっただけですからね



採用コンサルティングの いなだ事務所


採用は戦争


採用とは、「応募者と自社」だけの関係ではありません

そう自社が頑張ればいい人が採用できるというわけでもない。


なぜなら


「他社 ⇔ 応募者 ⇔ 自社」

つまり、いい人材が欲しいなら他社に勝つ必要があるのです。


自社の絶対評価だけではなく、他社との相対評価を意識しなければ
優秀な人材は獲得できません。


他社が即戦力となるよい人を獲得するために本気で採用のことを
プロに任せたりするのに、自社はハローワークで今まで通りの
採用活動をするだけ。


他社がインターネットを使ってどんどん優秀な人材を囲い込んで
いるのに自社は1週間しか掲載されない紙紙媒体だけ。


これを真剣に考えれば、
ハローワークやフリーペーパーなどで採用活動をして
本当にいい人材が獲得できるかどうか判断できると思います。


ライバルはどんどん採用力をつけて成長している。
果たして自社はどうなのでしょうか?



私が新しいお客さんの依頼を受けるという事は
そのお客さんのライバル会社は、私と採用で戦うことになります。


そう。
私の採用スキルに勝たなければ、
優秀な人材を獲得することが難しくなるのです。


私は契約したお客様にすべてのノウハウを提供します。


つまり
「いなだ事務所のノウハウ+お客様」vs「他社」
という構図ができるんですね


御社は
採用手法でいなだ事務所に勝つ自信はありますか?


今回のお客様のように
他社が採用コンサルタントをつける前に、
自社が先駆けて契約を検討したいならご相談ください。


実はパートを一人雇うより安い金額なんです。
それでもまだ他社に遅れをとりますか?

追伸:

いなだ事務所は採用コンサル契約をしたお客様と
同地域、同業種からの依頼は受けないことにしています。

また集客コンサル契約をしたお客様の場合は、
地域に関係なく同業種からの依頼は受けないことにしています。


つまり、日にちが経過するにつれ
いなだ事務所と契約できる企業職種はどんどん減っていく


そのうち契約しようと思っても契約できないことがある点は
ご了承ください。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:採用コンサルタントと採用で勝負をして勝つ自信はありますか?

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ