琉球大学での面接員スキルアップセミナー終了

※この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

11月4日に琉球大学で面接者向けのセミナーを実施してきました。


沖縄での面接セミナー

首里城の写真








・・・・




・・・・・・・・・




・・・・・・冗談です(笑)






こちらが本物


琉球大学での面接員トレーニングセミナー

※プライバシー保護のためにモザイク加工をしています。

※左側のスクリーンにチラッと見えるのがマインドマップです。


AO入試や推薦入試での面接に使える技法から始まり、学生獲得手法のサワリまで3時間にわたって話してきました



鳥取大学での面接者セミナー同様、大学側からの依頼で実現した今回のセミナーですが、参加者の皆様には満足していただけたようです。



面接官セミナー参加者のアンケート結果


分かりやすかった点や興味を引かれた点は?

・面接官の位置づけを明確にしたうえで話を進めておられる点が興味深い点だったと思う

・これまで常識的に考えて対応していた点を今日のセミナーの内容で確認できて良かった

・企業との対比が良かった。大学が評価される側という視点は受け入れやすい

・「中央化傾向」が興味深かった

・面接時の机の配置、面接者の自己紹介、入口でたったまま自己紹介をさせるなど、選考ではあるが面接の場を和やかに、良い雰囲気にする大切さが分かって良かった

・ソフト→ ハード→ ソフトという面接の流れ

・8:2、9:1で応募者に話させる

・コンピテンシー採用手法をプラスすること

・一連の流れをまとめて説明していた点は分かりやすい

・時々細かなアドバイスが納得できて良かった

・①面接の聞くべき点や聞いてはならない点が分かった
 ②面接では学生から不信感を持たれないようにしないといけない
 ③面接者の面接の仕方によって大学が評価されてしまう

・面接官の適性などについて要領よくまとめられていた

・高校から大学、会社と採用・選考・教育・評価はつながっていることだと気付かされた

・面接法の実際。逆面接やコンピテンシーの面接の実際がよく理解できました

・面接者のスキルの上げ方

・面接の方法のノウハウについて要領よくまとめられていた

・常識的に知っていたつもりの項目について体系的によく整理されていたので確認しやすかった

・擬態的な例をあげての説明がよかった(例:質問して良い事項、悪い事項など)

参加者アンケートの一部ここまで


内容に触れるために公開できないアンケート結果やデータが多数ございますが、公開できる範囲では上記が参加者の声です。


156ページの教育機関向け面接マニュアル(非売品)も100部ご注文いただき、印刷、製本を外注している業者にも色々とご協力いただきました。


国立大学や私立大学、短大などの教育機関で、教員や職員の方、AO入試委員、就職担当教授のスキルアップしたいと考えられている学校がございましたらお気軽に以下よりメールもしくはお電話にてお問い合わせください


メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせ  0120-568-314(コールハ サイヨウ)


追伸


琉球大学は広いです。


なんと、学内に大きな池や森がありました。(鴨が泳いでいましたよ)


日本で3番目に広い国立大学とのこと


行ってみないと分からないことって多いですね


追伸2


沖縄に滞在中、11月というのに30度を記録していました


セミまで鳴いていましたからね(笑)


しかも聞いたことがない鳴き声で


恐るべし沖縄・・・・

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:琉球大学での面接員スキルアップセミナー終了

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ