面接コンサルティング|面接官トレーニング

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

先日、
某企業にて採用面接コンサルティングをおこないました。


面接コンサルティングと言っても、
それは採用コンサルティングの中の一つでしかなく、
面接官トレーニングがメインとなります。


実際に受講したかたならお分かりだと思いますが、
私の面接トレーニングの流れはこうです。



1.まずは、普段の面接をしてもらう


2.その面接を振り返る


3.講演形式で、

  面接官の心得から始まり
  トラブルが起こる絶対に聞いてはいけない質問
  実践的なテクニックや留意点、
  心理学をからめた質問技法
  人物評価ポイント
  一発で人材を見抜く極秘質問手法
  よい人材を見抜くための最強面接シート
  コンピテンシー面接
  逆面接
  応募者獲得手法

  ほか、ここでは書けない内容のお話をします。
  

4.再度、模擬面接を実践し成長を体感してもらう


5.その面接を振り返る


6.契約プランによっては、
  定価39,800円の採用面接マニュアル
  参加者全員に渡し面接官トレーニング終了後も復習してもらう。



という内容です。



面接コンサルティングだけであればここで終了ですが、
はっきり言って面接スキルは採用成功のための必要条件の一つでしかありません


それでも「応募者を集める広告手法」の何倍も重要です。


採用コンサルティング会社の中には、
ただ学生受けする魅せ方だけ(要は広告手法)しか提案できない
会社もありますが、本当に大事なことは、応募してきた人物を
見極められるかどうか。



採用で失敗する会社のほとんどは、求人広告にばかり目がいき
肝心の面接スキルという土台を作っていないから
面接で応募者を見抜けないことが多いのです。



もし、そういった面接官としての眼を持たなければ、
イメージだけの戦略で応募者を集めても、
採用に失敗しやすくなる『だけ』ですので気をつけましょうね。




追伸:

 採用面接官としての基礎を学ぶのならこちらをご参照ください

無料>>5分でわかる面接官のルール


最低、この程度の知識を頭にいれて面接に臨みましょう

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:面接コンサルティング|面接官トレーニング

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ