教育機関向けの面接官セミナー資料作成中

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

11月に某国立大学で面接官セミナーを実施することが
ほぼ確定しそうなので、面接官トレーニングの講義資料を
大幅にリニューアルしています。



面接マニュアルの購入者の中にもポツポツと
大学(就職課など)が増えてきましたので、
ついでに詳しいサービスページも作成中です。



大学の先生に対してお話しするというのは、
結構、気を使いそうですが、知識や学ぶということの専門家ですし
逆に私のセミナーの価値というのをすぐに分かってくれそうな気もします。



というか、相手に期待するのではなく
いいセミナーさえ開催すれば何も問題はないですけどね。


たまにセミナーをしたいのですが、どうすればいいですか?


と聞かれますので一言アドバイスを

セミナーは

1.内容

2.集客


の二つに分けて考える必要があります。


内容に関しては、セミナー参加者の悩みを解決する内容を提供するのみ

集客に関して詳しくは言えませんが、
オンラインか対面どちらかの集客スキルが優れていないと独自開催は無理で、
その場合は、上記スキルが優れている人や団体に集客をお願いした方がいいでしょう。


今回のように依頼があった場合は、
2の集客に関しては考えなくていいので完全に1の内容に注力するのみです。


社労士や税理士、司法書士、弁護士、行政書士やコンサルタント等の
知識商売の方々はセミナーとは相性の良い職種なので、専門的な話を
分かりやすく伝える講師としてのスキルも意識しながら磨いていくといいと思います。


この難しい内容を
どうすればもっと分かりやすくなるだろうか?


顧客に配布している資料などをPDCAサイクルで改善し続けると
一般人にも分かりやすい伝える技術が身につきますので、
ぜひお試しください。


専門家が専門用語で難しい話をしてもただの頭デッカチですからね。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:教育機関向けの面接官セミナー資料作成中

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ