デスクトップパソコンとノートパソコンの比較



何回かに分けてパソコン講座をします


今回は、いつかパソコンを買う人のための記事です。


私の独断と偏見なので同意見、反対意見もあると思いますがまあ、そんな考えもあるなという程度でお願いします。
※小さなことに目くじら立てる人は読まないでください。


ちなみに私は、パソコンをNECのPC98時代から使ってまして今までデスクトップ7台。ノートパソコン8台の購入経験があります


デスクトップパソコンとノートパソコンお勧めは?


結論から言いますと、パソコンのCPUとメモリの限界を常に気にする必要のある内容の作業をする以外は私のお勧めするのはノートパソコンです。


CPUとメモリの限界ってなに?


とあなたが思ったのなら、間違いなくノートパソコンで充分でしょう。


昔のノートパソコンは、重かったし、性能もデスクトップに比べて格段に低かった。しかも、壊れやすいという状況でした。



でもこれは昔の話です。



今でもノートパソコンが壊れないかというとそういうわけでもありませんが、デスクトップでも壊れます。と言いますか、パソコンは壊れるものと常に思いながら使うことが重要です。
※この考えを理解していないと、データが飛ぶなど悲惨な思いをします


デスクトップパソコンよりノートパソコンが優れている点は何か?という点をご説明する前に、私が考えるデスクトップパソコンの方が優れている点を書いてみます


基本的に、仕事で使うことを想定して書いています。



デスクトップパソコンが優れている点



・・・・・・ないですね(笑)


2008年6月現在で高スペックである「CPUは最低3ギガ+メモリ4ギガ必要だよ」
と語る人や、「オンラインゲーム等でグラフィックボードの性能を語る人」以外メリットが無いと思います。


あ、本体だけを買い直すことができるくらいかな。


デスクトップの方が安いと言われますが、パソコンに重要なのは安さではありません。


性能と値段のバランスです。


そもそも普通の日本の狭い家でデスクトップって向かないんですよね。



デスクトップパソコンのデメリット



特に仕事で使う時にこの不便さを感じます。


・停電やブレーカーが落ちた際にいきなり消える。
→ 仕事で使っていたら経験あると思います。
  せっかく作ってた資料がパーになったことが。。。
  時間はプライスレス。損失額はいくらでしょう?

  金をかければ対応可能ですが、ノートパソコンならバッテリータイプなので電源を引き抜いても1時間くらいは持ちます。


・場所をとる
→ ネックですね。
  大きな本体+ディスプレイ+キーボード+マウス
  あと、本体を持ち上げてみると、ホコリだらけなんて事も


・持ち運びできない
→ 最もツライところですね。
  私のように個人事業主でパソコンをよく使う職種なら致命的です。
   
  ノートなら移動中や待ち時間も働けます。
  ※そこまでしたくないという意見もあるでしょうが、シナイには選択肢がありますが、デキナイにはありません


・パソコンのある場所にいかないとネットができない
→ 上とも繋がりますが、私がノートパソコンを勧める理由がこれです
  私のようにメールでのやりとりが多いと2~3日出張するだけでメールボックスが大変な事になっています。

  日本全国で繋がるイーモバイルを契約しているのもそのためです。
 
   
・パワーポイントを使ってプレゼンテーションができない。
→ 頑張れば、USBメモリなどを駆使してできますが、私のようにセミナー講師などをすることがあればノートパソコンでないと話になりません。

  客先での説明時に紙に印刷していかずにパソコン画面を見せながら説明をした方が早い時もあります。

  特に、インターネットの画面を見せながら説明する時などはデスクトップだとNGですね


・無線LANの価値がない。
→ セキュリティさえしっかり設定していればオフィスは無線LANを私はお勧めします。

  いなだ事務所はプリンターも無線LANです。事務所内なら応接室で客に説明しながらその場で印刷できます。

   

まあ、別にデスクトップパソコンが嫌いというわけではないのですが私がパソコンに詳しいと思っている人からよく聞かれるんです。


パソコン買うならどっちがいいの?どのメーカーがいいの?って


ノートパソコンのデメリット


ノートパソコンにデメリットもあります。


・B5タイプなどは画面が小さい

→ ご年配の方々にはつらいところです。
  これは、ディスプレイを別に買えばいいだけです。
  何十インチでも好きな大きさを買いましょう

  ノートパソコンの画面をモニターに映し出す方法

  この更に上位スキルで、キーボードを別につけて、ノートパソコンを立ち上げておきますが閉じたままにしておいてディスプレイとキーボードのみが机の上にあり、持ち運ぶときだけノートパソコンだけを持っていくというやり方もあります。(私がそうしています)

  私は、A4サイズ(14.5インチ)を使ってますが、別に画面が小さいとは思いません


・値段が高い?

→ 実はA4サイズよりB5サイズの方が値段が高いのです。
  小さくて性能のいいものを買おうとすると最低20万円は覚悟しましょう

  家庭用で充分なら、電機量販店のチラシを見て日替わり特価に並べば98,000円とか89,000円で手に入ります。

  ビジネスで本気に使うなら、ネットでオーダーメイドしましょう。VistaではなくXPにするとか。メモリはマックスまで増設するとか


・盗まれる可能性がある

→ これは置き忘れとかが発生する可能性があります。
  帰りに飲みに行って酔って、カバンごと居酒屋に忘れるとか。
  電車におき忘れるとか。
   
  社員に持たせる場合は気をつけましょう。
  事業主なら何とか自分で対処しましょう


・情報漏洩の可能性が上がる

→ 持って帰れるという点のデメリットです。

  社員が家に持って帰ってデータをハードディスクにコピーするなんて事もありえます。

  だからデスクトップが安全かというと一緒です。外付けハードディスクを1万円で買えば盗めます。

  要は、教育の問題です。



まあ、色々書いてきましたが、これは私の一意見。


参考程度にしてください。



ただ、


ノートパソコン+無線LAN(+イーモバイル)


を体験したらもうデスクトップに戻れないとは思いますが。。


今後、パソコンを購入しようと思っているのであればご参考まで。



追伸:
 ちなみに、本体を買っても使いこなさないと宝の持ち腐れです。

パソコンの勉強をするなら安いし分かりやすいのでこれが結構お勧めです。

音速パソコン教室>>http://www.onsokupc.com/

5分でわかる面接官のルール

読者にプレゼント中。どうぞ お受け取りください

採用コンサルタント 成功企業が続出している採用面接マニュアルを一部【無料】公開中

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:デスクトップパソコンとノートパソコンの比較

5分で分かる面接の仕方

この無料レポートを知らないなんて、
あなたはきっと損をしている。

面接 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を無料ダウンロード

“デスクトップパソコンとノートパソコンの比較” への9件のフィードバック

  1. HN より:
    私は基本的にデスクトップ派です。
    パソコンを移動させることはありませんし、何よりデスクトップは中古で高性能なものが入手しやすいことがありますね。少し前の機種ですと数千円で手に入りますから、それにCPUを高クロックのものに換えてやれば最新型と遜色なくなります。CPUも中古は安いです。だいたい2千円くらいでしょうか。パソコンに何万もかけるのは私としてはとても考えられません。
  2. コメントありがとうございます

    HNさんのようにヘビーユーザー(高クロックなどの言葉で判断しました)で、CPUを載せ変えるなどの技術がある方でしたらデスクトップが良いでしょうね。

    パソコンのパーツ売り場で部品ごとに買い換えるほどの方でしたら、ノートパソコンだといじれないのでモノ足りないかもしれませんが、殆どの方が家電量販店で新品パソコンを買いますので、記事内容に関してはご了承ください
  3. jitenfeti より:
     サイトのお名前は、いつも拝見していました。

     名前漢字と名付けお助けブログのjitenfetiこと大原です。

     パソコン歴は、pc88が出る前からなので、かなり長いのですが、パソコンについては、あまり詳しくありません。

     ノートパソコンの液晶をぶっ壊したことがありますが、それでもやはりノートパソコンを使っています。

     私は、在野の国字研究者なので、XPでは、漢字が少なすぎて、使い物になりません。

     vistaでも国字関係だけで、数千字以上足りないと思っています。

     こういう特殊な使い方をしない限りXPという判断も多くなるかもしれませんね。
  4. 大原様

    このブログも私の知らないところで色々と露出しているブログのようですね(笑)

    PC88!?あの時代のパソコンのペラペラの5インチフロッピーが懐かしいです。

    XPは漢字が少ないというのは初めて聞きました。
    と言いますか、漢字という視点でOSを見たことが無かったです(笑)

    業務などに使うソフトがVista対応で無いことは結構多く、Vistaに変えたばかりに仕事に影響が出たという話はよく聞きます。

    最近は、XPへのダウングレードという言葉も流行っているようですが、きっとマイクロソフトが強引にXPのサービスを終了させるでしょうね。それまでは、XPで私は頑張ります。

    ・・・・・実は、何より心配な点が
    ブログはあまり見直しをせずに書いたりしていますので大原様の目から見ると間違った漢字や日本語などがありそうで、お恥ずかしい限りです。もし、見つけられてもお見逃しください
  5. 名無しの名無し。 より:
    はじめまして!

    パソコンを買いたくて、Googleを巡回していたらこのブログを見つけました(´・ω・`)

    しっかりと読ませて頂きました〜(^ω^)

    あと少しもしない内に、会社勤めになるんだしそろそろ自分のパソコン欲しいなぁ〜なんて考えてたんですが…
    やはり持ち運びに便利なノート型のが将来性もあるし安心ですよねっ☆
    ブログの内容がすごく参考になりました!
    • 名無しの名無し。様

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      参考になったようでなによりです。
      でもミニノートPCは気を付けてくださいね。
      性能が悪すぎて遅い、画面が小さい。セキュリティソフトを入れるとさらに遅い。
      など1台目のパソコンには不向きです。

      社会人になると職種次第ではパソコンのスキルが仕事のスキルになりますので是非、勉強されてください!
  6. タカフミ より:
    楽しく読ませていただきました。私の場合は、デスクトップPC+ノートPCを使っています。でも最近はデスクトップの方が利用率は高いかな。ノートPCの最大の欠点はバッテリ販売寿命=製品寿命ということと、疲れないキーボードを使うと本体が邪魔である点、大画面ノートPCだと机が占領されて、PCを使わない作業がやりにくいことですね。結局PCも適材適所といったとことでしょうか。私も、初心者の方の1台目PCであればノートPCを薦めます。特に女性でネイルをしている人の為には、ノートPCのキートップ形状にもこだわって薦めています。
    • 採用コンサルティングのいなだ社会保険労務士事務所 より:
      タカフミ様

      コメントありがとうございます。
      バッテリーは確かにありますね~
      パソコンより大体、バッテリー寿命がさきにつきますからね。

      私は過去、バッテリーが壊れましたが買い換えず、常にACアダプターをつけて、しのいだ経験があります。

      どちらにしましても、タカフミ様も言われるように、「この記事を読んでパソコンの購入を考えられる方々」
      であれば、2010年8月現在でもノートパソコンを勧めますね。

      >皆様
      ちなみに今、私はvaioのtypeZを最高性能までカスタマイズして使っています。
      今は、ハードディスクではなくSSDという新しいハードディスクのようなものがあるのですが、お金に余裕があればこの搭載機種を買うといいですよ。

      かなり高いですが、ビックリするくらい早いです。
      パソコンのシャットダウンも数秒。起動も1分かからない。

      もしあなたが経営者であれば、とにかくパソコンのスペックは最高性能のものを買いましょう。
      浮いた時間は丸々、他のことができるので会社の利益になります。
      パソコンの動作を待っている時間は本当に無駄な時間ですからね
  7. ケンチャン より:
    僕ケンチャンと言います、パソコン歴1年です、ノートパソコン(Windows xp sp3)を2台の内1台をオークションで(IBM)パソコンをWindows 認証をしたら偽者とパソコン画面に起動するたんびに画面に出てくるんです仕方が無いと思い新しくまたノートパソコンを買いましたそれも起動しなくなり、今はWindows7 FRONTIER のパソコンを使っていますこれもダウンロードをしてからおかしくなっています、今度デスクトップパソコンにしょうか迷っています、安いパソコンは駄目ですね、また今度パソコンを買ったら4台目です、今のパソコンにはドライバが有りませんセキュリティソフトをダウンロードしてからおかしくなりました、キングソフトのセキュリティソフトです、さすがに参っています今度はNTTの光の回線でインターネットをしょうと考えていますもう二度とダウンロードしません。

コメントを残す

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ