先に戦場に到達したほうにはゆとりがあり、あとから戦場に駆け付けたほうは苦しい戦いを強いられる

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

孫子の兵法です。



これはビジネスや日常生活でも全く同じ事が言えます。



私は遅刻の常習犯でした。



中学の頃、朝の掃除時間に間に合わないのは当然のことで
給食時間に登校したりもして、逆に担任から褒められたほどです。
(真似したら駄目ですよ)



高校の時も、結局、朝の課外に殆ど出席せず、たまに出席すると
教室に入った瞬間、先生が驚いた顔をするような遅刻常習犯。



沖縄時間ではないですが、友人との待ち合わせもよく
遅れていました。



昔は・・・・



挨拶の代りに、まず遅れた詫びから入るので弊害はよく知っています。
(さすがに今は違います)



ビジネスでの交渉の場や面談、面接の時に遅れると
心に余裕がなくなります。



充分な準備もできません。



宮本武蔵やコンパで注目されたいから等のように戦術遅刻は別にして
先手必勝が重要です。



待ち合わせ時間の30分も40分も前に会社の受付に現れるのは
ビジネスマナーが無いとしても、会社付近に早めに到着しておくのは
重要なことです。



これは面接を受ける応募者にも言えること。



気をつけましょう

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:先に戦場に到達したほうにはゆとりがあり、あとから戦場に駆け付けたほうは苦しい戦いを強いられる

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ