涙の数だけ大きくなれる!

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

ブログへのご来訪ありがとうございます。

メルマガ内でご説明した「素直さ」と関係する内容です。
これはある女性の物語。

以下の動画をご覧ください。

※クリックすると音が出ます。(会社のPCではセキュリティの関係で見られないこともあるようです。その場合はこの記事のアドレスをご自宅のパソコンに送ってご覧ください)




変わったのはたった一つ。
これはメルマガでご説明したものです。


実は、この動画はある本に書かれている内容です。

私はこの本を日本中の人に読んでほしいと思っています。

このブログで記事として取り上げたのも微力ながら、多くの人に知ってもらいたいという気持ちもあるからです。


必ず読んでおいたほうがよい本だと思います。

namidanokazudake
涙の数だけ大きくなれる!(木下 晴弘 著)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:涙の数だけ大きくなれる!

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

28 Responses to “涙の数だけ大きくなれる!”

  1. 佐藤 眞一 より:
    なかなかじっくり見る時間がなくてやっと今日見れました。
    熱いものがこみ上げてきて目頭が熱くなりました。
    素直さっていう肝心なものを忘れていた自分に気が付きました。
    仕事を言い訳にして人間として大事なものを思い出させてもらう内容で
    人に感謝する気持ちを思いだしました。
    何かに集中するのは良いことだと思いますが、それにかまけて他の大事なものを忘れていました。気が付くと取り返しのつかない状況になっていたことが今まで何度かありました。
    今回のこの動画をみて肝心なものは何か、改めて考えてみようと思います。
  2. yossy より:
     とても心に残る短編映画のようで、何度も繰り返しみました。
    本人の中に気づきと変化が芽生えたことにより、大きな力となりやがて他からも認められる存在になった。
     人はとかく自分を中心に物事を見がちになり、うまく行かなくなったとき
    に言い訳や、他人の責任にしがちだが、あらためて素直なこころをもつこととつねに反省の精神で取り組むべきことの大切さを実感した。
  3. 木幡一哉 より:
    人間は必ずいいところがあるはずです。

    私は人は宝だと思っています。ですから、今まで弊社の一員になった従業員にたいしては、自分の家族だと思い接して来ました。

    今後もその考えは変えるつもりはありません。

    とことん面倒を見て行こうと思っています。

    彼女のように自分が変われる素直な心を私も忘れないように、これからも人として接して行こうと思います。

    とても関心する事を見れて嬉しかったです。

    有難うございました。彼女はとても幸せだったでしょう。

    私も素直な心をいつまでも忘れずに感謝の気持ちを持ち、これからも仕事に慢心して行きます。
  4. hiro より:
    内容、拝見させて頂きました。

    人間の潜在力を感じました。

    人は誰でも弱い自分と向き合う事が出来れば幸せになれると感じました。

    それには、勇気がいると思います。

    自分が変われば、すべてが変わる...。

    まずは、自身が変わらなければと改めて感じました。
  5. aki0258 より:
     この歳になるまで、ずいぶんとつっぱてきた。泣かした人、悔しい思いをさせた人、きっと数が多かったのだろう。だけど、それに倍する、(臆面なく言えば)数十倍の人にお前のおかげで助かった。と言ってもらえる自負もある。だが、それでもなお、”一芸に秀でる”ことの大切さは、この動画が、あらためて教えてくれた。今の職について日は浅いが、きっと成功させて見せる。決意を新にもさせてくれた。
  6. ranorin より:
     社長の勧めで見させて頂きました。
     涙が頬を伝い落ちました・・・何度も自分を振り返りました。
     私も「自分が変われば人が変わる。」 が持論です。実際にそういう経験もして来ました。でも、、、まだまだです。社長に誘われて52歳のおばちゃんが、13年勤めてきた大企業から、現在の社員6名の会社に引越してきて、慣れなく大変な仕事に取り組み、いろんなイジメに・・な~~~て言ってたら自分に負けると思い、とにかく毎日を一生懸命こなし、気づいたら・・いつの間にかみんなが受け入れてくれていました。みんなに感謝し、これからも素直な気持ちで自分を高めながらやっていきます。本当にありがとうございました。
  7. 今井 健至 より:
    この動画には、自分の今までに経験してきたことが重なる感じがして、他人事とは思えない。自分が今まで何をしようとしてきたのか、自分の人生を振り返り、素直に生きること、本当の自分をありのままに受け入れること、そこから新しい人生の歩みが始まることが分かった気がします。
  8. aki より:
    久々に心洗われる動画に出会いました。
    メルマも楽しく読ませていただいてます。
    ありがとうございます。
  9. yu_mi より:
    涙が出そうで、こらえましたが鼻が真っ赤に・・
    自宅で見ると完全に泣いちゃいます。
    自分自身と重なる部分が多く、自身に甘く、他人に厳しく最低ですけど・・
    娘がピアノを数十年続けていますが、親の悪いところがどうも似てしまうのか?見られているのか?
    この本を読んで是非、娘にもオススメしたいと思いました。
    この動画に出会えた事を稲田先生に感謝します。ありがとうございました。
  10. ちょぴ より:
    素直な心、本当に大切だと思います。
    昨日付けで派遣終了した女子。
    こちらの指導よりも自分の考えを優先する子でした。
    最後の最後まで。
    そのような子にどのように対処してよいか分からない私も情けなかったです。その子を無視して自分の仕事をするより他できませんでした。
    言っても聞かないので。と言い訳を自分にして。
    彼女は前後も見ず、聞くこともせず自分の思い込みのみで仕事をしていました。
    彼女が変わらないのであれば私が変わる必要はないと考えてしまいました。
    本当はそれではいけないとわかっているのに。
    どうしても自分自身を方向転換できなかったです。

    これからの仕事それではすまないことは頭では分かっているつもりです。
    でも、今の私ではできないことも認識しています。
    少しでも皆が楽しく仕事ができ、さらに貢献が出来るような状態へ持っていけるような管理者になりたいと。
    そのために、稲田先生お力をお貸しください。
  11. よちよちくん より:
    私は今の勤め先を辞めてしまいたいと思っていました。

    向上心のない同僚。
    入社しては退職していく新人。
    保守的で学習意欲のない経営者…
    職場で私を取り巻く全てが、私の仕事を邪魔をしていると
    感じていました。

    この動画を見て、何故だか考える間もなくたくさんの涙が
    出てきましたが、理由は明らかでした。

    自分にはまだできることがあるはずなのに、それに正面から
    向き合わず、環境や状況のセイにして自分を正当化し、さらには
    そこからいなくなってしまおうとしている。

    レジ打ちに出会う前の主人公と同じです。
    途中まで“なんてくだらない、甘えた人間だ”と半ばあきれながら
    動画を見ていましたが、それは自分でした。

    今ここを辞めたところで、よそに行っても結局また何かを他人の
    セイにして、私は何も変わらないでしょう。

    彼女のような特技はありませんが、とりあえず明日からできることを
    やれるだけやってみます。
    目が覚めました。ありがとうございました。
  12. 土佐山 より:
    淡々と見ていたのですが、終盤、どっと涙があふれてきました。
    年のせいでしょうか…(苦笑)
    涙の理由はいろいろあるのだろうと思います。
    共感してくれそうな方にこの映像を紹介しつつ、
    ゆっくりと考えてみたいと思います。
    稲田先生、どうもありがとうございました。
  13. ニイダ より:
    私にも一人、娘がいます。ちょっとわけありです。似たような境遇かもしれません。娘に見せてやろうと思います。
  14. くろ より:
    自分自身と向きあい、気付いて行動することの大切さを
    改めて考えさせられる動画でした。
  15. takako より:
    この涙はなんなのか?
    一人の人間の成長に感動させられたという事でしょうか
    成長した彼女によって周りの人も幸せな気持になれるって事なんでしょうね
    私も自分のためにもまわりのためにも良い空気が流れるように考えを力を持ちたいと思う今日この頃です。
  16. あやみ より:
    現在営業職です。私も真っ直ぐに、素直に、と考えさせられました。そして、私を選んで頂いているお客様に応えたい。私の会社を選び、支店を選び、その中にいる数人の営業マンの中から選んでもらっているわけですから、大事にしたいと思いました。
  17. 大和三山 より:
    私は定年前の仕事の延長として、定年後も人材教育にかかわる仕事を不定期ですが、前の会社の依頼を、個人事業主という形で仕事をしています。

    具体的には、研修というスタイルで連結会社や取引会社の社員を含めて、
    社員教育の講師をしています。その際、どんな内容の研修であれ、
    「素直さと誠実さ」という言葉を念頭において私の話を聴いて欲しい、と
    言ってきました。それは、M創業者が「素直が大事やで」と著作の随所に
    残していることもあるのですが、何かを勉強したい、知識を広めたいと
    思うならば、まず白紙な心でそれを受け入れる素直さがまず必要だと、
    思うからです。後、それをどのように加工するかは、受講者の努力次第で展開できるわけですから。
    「レジ打ちの女性」を拝見して、うれしくなりました。
    やはり「素直な心」が大事だよ。
    素直に自分の心を自己観照することが自分を伸ばしてくれるよ。
    だから自分自身に誠実であることだよ。
    と言ってきた私の思いが、認められたような気になりました。
    できるだけはやく、「涙の数だけ大きくなれる」を読んでみます。
    素晴らしい情報をありがとうございました。

    現在は、私一人で活動しており、まだまだ人を採用する規模ではありませんが、私の人を育てる仕事に参考になる話として稲田先生のマガジンから
    読み取っております。
    今後も楽しみにしながら、メールを開きます。
    ありがとうございました。
  18. 宇ノ澤 より:
    私は、ごく単純な男です。
    この動画を見て、人間って変われるんだ、しかも「劇的に」と改めて感じました。
    人間、興味を持って取り組むことの出来るものがあるということが、どんなに幸せなことなのかと思います。
    この動画から、とても前向きなメッセージをいただきました。
    ありがとうございました。
  19. 浜辺 恭成 より:
    泣きました。
    一人で居る部屋でよかった。
    5分経ちましたが、まだ涙が止まりません。




    やっと少しおさまりました。
    良いお話を教えていただきありがとうございました。
  20. 内藤 より:
    コレたまらんですな〜、
    他人にはえらそうに色々と言うくせに自身には甘い自分としては。
    今のままじゃ…駄目だな。。。。
  21. 川越雄一 より:
    朝から目頭があつくなりました。ダメな人間、ダメなことなど無いということを痛感しました。今、東北地方は地震災害で大変ですが、人間の底力できっと復興されると信じております。
  22. ユウ より:
    動画、観ました。小さい頃に、大好きだったピアノとレジ打ちを重ね合わせ、コツコツと頑張った彼女。余裕が出てきて、お客様と会話をし始めた彼女。彼女と話がしたくて、彼女のレジにズラッと並んだお客様のくだりで、すごく感動しました。自分が素直になって、心を開いて頑張れば、受け入れて下さる側の気持ちも違ってくるんだなあ・・・と思いました。
    こういう体験が出来たら、すごく嬉しいですね~。私も、受け皿を上向きに、今の気持ちを忘れずに、頑張っていきたいと思います。
    ありがとうございました。
  23. emily より:
    最後の部分でつい彼女に良かったね〜〜。とつぶやき涙がでました。
    あの途中段階のままでいる人が沢山いると思います。

    自分があきらめなければ必ず開けると人の可能性、底力を感じました。。

    ぜひ、購入して読んでみたいと思います。ご紹介ありがとうございました。
  24. やす より:
    簡単に転職できたり、社内でも職場を転々とローテーションされる世の中になって、「ひとつの仕事を極める」という美徳が失われてしまったのではないでしょうか?

    「レジ打ち」の仕事にこんなにも奥の深い究極の姿があるとは・・・。
    ただただ感動しました。
  25. 高澤 より:
    見ている途中から感動の涙が出て
    止まりませんでした。
    きっかけが大事、でも周りの見守りも大事。
    素直な人間になりたいです。
  26. 金内礼子 より:
    コメントを入力してください。
    一生懸命生きる人の姿は、感動します。
    感動をありがとうございました。
  27. bin より:
    確かに涙は何回もながしましたが、残念ですが自己が大きくなるための涙ではなかったと思います。自己啓発のための本では少なくてもないのでは?非常に読みやすいのでほんのわずかの時間で読み切ることができます。家内も読んで涙していました。
  28. 高安 理恵 より:
    動画、拝見しました。接客業から転職したばかりなので、共感
    する部分も多かったです。
    遅くても、気づかないより格段に満足のいく人生になりますね。
    一生学べる心の柔軟さを持っていたいと思わせて頂きました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ