面接官が会社の印象を決める

※この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

採用メールセミナーやブログでも何度か取り上げましたが
とにかく面接官のスキルを上げることが採用成功の最短コースです。



そして、採用に失敗する最短コースは・・・・



人が欲しい → すぐに求人媒体に掲載です。



しかし、人材採用に関して専門的に学ばなければ
上記の行動をとるのは仕方がありません。



だから、いつまで経っても悲しいことに
世の中の雇用のミスマッチは無くならないんですよね。



人材採用もそうですし、会社経営に関してもそうですが、
基本的に誰も教えてくれません。



実際に体験して失敗しながら試行錯誤をするか、
有料、無料を問わず自ら調べるしかありません。



面接官



そう聞くと、厳格な厳しそうなイメージかもしれませんが、
基本的に企業側がそのイメージのまま採用面接をすると、
合格を出せても内定承諾は手に入りません。



昭和の面接とは違います。



面接官の印象 = そこで働く社員の印象

        = その会社の印象



となるわけです。


ヒドイ面接官の話は私の耳にたくさん入ってきます。


機嫌が悪いと応募者をいじめたりとか・・・



面接官としての大事な仕事として
「一緒に働きたいと応募者に思わせること」です。



選考するという点ばかりに目がいくと、採用に失敗しますので気をつけましょう。

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:面接官が会社の印象を決める

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ