GDP(国内総生産)とは

※この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

GDP(国内総生産)とは
※英語:Gross Domestic Product

【使用用途】
「GDPはインターネットで調べればすぐにでてきます」
「日本はGDPで世界第2位」


【意  味】
国内で産み出された付加価値の総額です。

GDPが世界標準の指標

1位:アメリカ合衆国 2位:日本 3位:ドイツ 4位:CHINA
(平成19年調べ)

【備  考】
GNP(Gross National Product:国民総生産)は、海外に住む日本人の生産量も含まれているために、国の生産量を正確に測ることができない。

よって現在では使われていない

GRP(Gross Regional Product:域内総生産)というものもあり、これは、都市など一定の地域内に絞ったものです。(都道府県のGDP=GRP)

都道府県別のGDPを公表すると当然、本社と企業が集中している東京が全国1位になるがそれを人数で割って県別の1人あたりの金額を計算してもおもしろいと思う。

国は普通に所得が分かるわけだから、GDPの計算をしなくても県内住民(市内)の総所得÷住民の人数の方が本社とか関係なく見れるからいいですね。

学力テストの結果が公開されたがそれと、県別(市別)のGDPをみて相関関係がでれば、「学力をあげる=地域の経済を活性化」につながると言えるのでしょうね。

秋田はどうなの??というところで、せっかく育てた人材が他の県(例えば東京)にいってそこに納税していたのでは、投資した費用が回収できないんですよね。

学力をあげて、住みやすく魅力的な街にして、本社の数を増やし経済活性化。
      
なぜ、学力を上げなければいけないのか(日本は人材しか資源がない)をもっとアピールしてもいいと思う。

ちなみに、私は橋下知事賛成派です。(正論ですし前に進むために身を削って戦っていますからね。ただ、盲目するつもりはなく間違っているものも当然あるでしょう)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

この記事へのリンクURL
この記事へのリンクタグ
表示サンプル:GDP(国内総生産)とは

5分で分かる面接の仕方

採用をしている経営者や人事担当者様へ
この無料レポートを知らないなんて、
あなたの会社は損をしています。

緑の矢印 人材採用コンサルタント著 採用マニュアル第一章を今すぐ無料ダウンロード

1週間で会社が変わる!採用の教科書1

新卒採用と中途採用のバイブル
「採用の教科書1」が売れています。
(現在、4刷!増刷中)

矢印今なら特別音声セミナー「採用の失敗と成功を分けるたった一つのポイント」も購入特典としてついてくる。詳細はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

«  ← 次の記事

前の記事 →  »

サブコンテンツ

(例)abc@example.com
※Yahooなどフリーメール不可

ビジネスパーソン向け自己啓発の決定版

このページの先頭へ